Fatty Land - 犬を飼う人のための十戒

ひとりごと
 お店に子犬を探しにいらっしゃるお客様は、長い間考えて、環境などのこともよく考えてお越しいただく方がほとんどです。
 ただ、本当に時々なんですが、ご自分の環境が整っていないのにご購入を考えてこられる方もいらっしゃるようです。「仕事が忙しいから、一日の大半が一人での留守番になる」とか、「時間がないから、お散歩をしなくても良い犬種」という例が多いですね。
 ただ、お客様のお話を伺っていると、どうもお客様ばかりを攻めることも出来ないようです。
 他のペットショップに行かれたときに「小型犬なら散歩はいらないですよ」とか、「お散歩は、一日1回で十分です」、「お留守番はぜんぜん大丈夫ですよ」などということをショップの店員から言われれば、ただでさえ欲しくって悩んでいる方にはまさに「助け船」の一言なんでしょうね。アドバイスをする立場の人間の無責任な言葉には呆れてしまうとともに、腹立たしささえ覚えます。
 お留守番の出来る長さは、犬種の特性によって異なりますし、たとえチワワのような超小型犬であっても、一日2回、一回に30分以上のお散歩は必要となります。この理由としては、もちろん「かわいそう」ということも含まれますが、飼い主とペットが良い信頼関係を築き、トラブルの起こりにくい環境をつくるためには絶対に不可欠なことなんです。
 こんなことを言うと「商売なのにおかしい」なんて言われるかもしれませんが、私がこのお店を始めてから、ずっと信念としてきたことです。
 どうか、犬と暮らしたいと考えていらっしゃる方は、ご自分の環境が整っているかを考えて観ることから初めてください。わからないときはいつでもご相談頂ければと思います。
 これが出来ていなければ、大変な思いをするのは飼い主さんですし、不幸になるのはパートナーである犬なんです。

お薦めの本紹介
副読本的な内容にもなりますが、しつけや遊びなど、毎日のワンちゃんとの生活の中でヒントになることがたくさんかかれています。








犬を飼うための十戒
犬を飼う人のための十戒
THE TEN COMMANDMENTS of dog stewardship
犬の気持ちを尊重し理解し共に暮すための、
すべての犬種に共通する10項です。


 1 私の一生は10年から15年あります。
どんな理由であっても あなたと離れるのは辛いことです。
だからどうか、あなたが私を飼う前に、このことを思い出して下さい
My life is likely to last ten to fifteen years.
Any separation from you will be painful for me.
Remember that before you adopt me.

 2. あなたが私になにを求めているか、それを理解するために少し時間を下さい。
Give me time to understand what you want of me.

3. 私を信頼してください、それが、私の幸せには大切なのです。
Place your trust in me…it's crucial to my well- being.

4. いつまでも私に対して怒り続けたり、罰だからと閉じ込めたりしないで下さい。
あなたには仕事も、遊びもあるし、友達もいるけれど、私には…あなたしかいないのです。
Don't be angry to me for long and don't lock me up as punishment.
You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

5. 時には,私に話しかけてください。
たとえ、あなたの言葉がわからなくても、私に話してくれるあなたの声で
 きちんと意味を理解できるのです。
Talk to me sometimes.
Even I don't know your words,
I do understand your voice when its speaking to me.

6. あなたが私をどのくらい大切にしてくれているのか どうか考えてみて下さい。
つらいことも、そしてもちろん、うれしいことも私は決して忘れません。
Be aware that however you treat me, I'll never forget it.

7 私を殴る前に、思い出してください。
私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕ける歯があることを・・
でも、私は、なにがあってもあなたを噛まないと決めているのです。
Remember before you hit me
that I have teeth that could easily crush the bones of your hand
but I choose not to bite you.

8. 私を分からず屋だとか、頑固者だ、怠け者だと罵る前に、
私がそうなった原因があなた自身になかったか、考えてみてください。多分、
きちんと食餌をもらえなかったことや、それとも日向にずっと置き去
りにされていたかもしれないし、そうでなければ、私が年老いて
弱っているのかも知れないと…
Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy,
ask yourself if something might be bothering me.
Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too
long, or my heart is getting old and weak.

9. 私が老犬になっても、どうか世話をしてください。あなただって、
同じように年をとっていくのですから。
Take care of me when I get old;  you,too, will grow old.

10. 私の最期のつらい旅立ちの時には、どうぞ一緒にいて下さい。
見ていられないとか、自分に見えないところで、などと決して言わないで下さい。
どんなことでも、あなたが一緒にいてくれるなら、私は少しも怖くはありません。
そして、どうか、どうか忘れないでください、私は、あなたを愛しています。
Go with me on difficult journeys. Never say, I can't bear to watch it
or let it happen in my absence. Everything is easier for me if you are
there. Remember -- I love you.


原文はアメリカの動物愛護団体 ALL FOR ANIMALS のDog Commandment より。
設立者Mrs.Stevensの承認を頂いています。東京南アイリッシュセタークラブのご厚意で転載させて頂いております。訳 中島眞理


上へ
 Base template by WEB MAGIC.   Copyright(c)1994 Fatty Land Ltd.All rights reserved.